NMNの効能と注意点

NMNの効能は老化防止に役立つことを上記で説明してきましたが、具体的な健康維持効果としては、疲労回復、体力増強、認知症予防、糖尿病回復、脂肪の燃焼、細胞の修復、活性酸素の除去、難聴予防、悪玉コレステロールによる動脈硬化の予防などに期待ができます。また、脳幹への作用により、脳視床下部や脳下垂体に作用する働きがあるとも言われており、脳幹を通じ脳全体の神経伝達回路への効果が期待できます。不妊原因の改善(精子の正常化や卵子皮膜の柔軟化)、筋肉や骨の強化、骨折や傷の治癒力アップ、脳からの指令伝達により、ホルモンバランスの改善による肌を整える効果、メラトニン増加による睡眠の改善などにも良い影響を与えます。

美容に関しては、NMNは細胞レベルで働きかけるので、皮膚細胞の新陳代謝を促し整えるため、シワ、たるみ、くすみやシミなどの肌トラブルに良いと言われています。また、男性については、加齢につれて出てくるED(勃起不全)や薄毛などの疾患などにもサーチュイン遺伝子の影響があると報告されています。

最近はNMNが含まれたサプリメントも販売しています。サプリメントを摂取するうえでの注意点は、用法用量を守り、適量を摂取することです。NMNに含まれるビタミンB3(ナイアシン)は過剰摂取すると、フラッシング症状が出る場合があります。フラッシング症状とは、顔がほてったり、紅潮、かゆみなどが一時的に出るもので、重い症状の場合は胃腸障害、肝機能障害、劇症肝炎を起こす可能性があります。また、妊娠中のNMN摂取は事前に医師への確認をすることが大切です。

NMNの働き

NMNは若返りの薬として名前を知られるようになりました。NMNは、ビタミンB3によってつくられており、サーチュイン遺伝子を活性化させ、膵臓や肝臓、筋肉、脂肪組織など身体全体の代謝を促進する効果があります。サーチュイン遺伝子とは、長寿遺伝子とも呼ばれていて、ほとんどの生物にある遺伝子で寿命を引き延ばす働きがあります。サーチュイン遺伝子を活性化させるにはNAD+という物質の働きかけが必要になります。

老化の原因は、体内であふれた過剰な活性酸素により健康な細胞を酸化させ、体の錆びを引き起こします。また、細胞の中で呼吸をして、細胞にエネルギーを供給する役割のあるミトコンドリアが、加齢と共にその機能が減少して老化になる原因を引き起こします。そのミトコンドリアと細胞の連携を促進する役割である、タンパク質のHIF-1α(低酸素誘導因子)の値が高くなることと、サーチュイン遺伝子の一種であるSIRT1の不足により、その機能がスムーズにいかず老化に繋がります。さらにはSIRT1を働かしているNAD+という分子の量が哺乳類の老化にとってはとても重要とされています。

サーチュイン遺伝子が活性化するためには、上記の通りNAD+が必要で、NAD+が減少するとおのずとサーチュイン遺伝子が活性しないため、老化になることに繋がります。NAD+の原料となるものがビタミンB3で、そのビタミンB3が体内でNMNに変化することでNAD+を作ります。

NMNの注目と活用

老化の予防、アンチエイジングの方法は近年、多くの研究機関で注目されているところです。どのようにすれば老化を防げるのか、ということを考えるときに、現在海外の研究機関でも老化に一定の効果があるとして注目されている物質にNMNがあります。当サイトではNMNのサプリメントや効果などについて具体的にご紹介していますので、どのように普段の生活に役立てることができるのか、ということを具体的にご紹介しています。ご自身の生活の中で上手に老化の予防やアンチエイジングに取り組みたい、と思っている方は注目のサプリメントであるNMNについて、ぜひ検討をされてみてはいかがでしょうか。

〔関連資料〕NMN SOMA|サーチュイン遺伝子に働きかけるサプリメント

なかなか普段の生活の中で、老化の予防や対策をどうするのか、ということを具体的にできないままになっていることもあります。そうなると、何からはじめていいのか、といことを迷われる方も少なくないでしょう。そのようなときにおすすめの方法としてNMNを一度、検討をされるということも良い方法ではないでしょうか。NMNは、現在日本国内でもサプリメントが流通するようになり、多くの方に老化予防の方法として愛飲されるようになってきました。

もし、これから老化予防のためにサプリメントをはじめてみたい、という方もぜひ当サイトのNMNの情報を参考にされることをおすすめいたします。日進月歩で進むアンチエイジングの研究について、どのように日々の生活の中で予防対策をするのか、ということも含めてぜひ検討をされてみてはいかがでしょうか。